ノベルティグッズとは

「ノベルティ」の意味

「ノベルティ(novelty)」は英語で「目新しいもの」「目新しさ」を表す言葉です。「ノベルティグッズ」とは、日本では特に、企業や商品・サービスの宣伝の目的のため、ロゴやキャラクターなどをあしらったグッズを一般的に指します。

ノベルティアイテム(novelty items)、販促グッズ、SPグッズなどと呼ばれることもあります。「ノベリティ」という表記もみられます。商品のおまけとしてついているグッズは「プレミアム」「プレミアムグッズ」と呼ばれる傾向があります。商品の内容は似たようなものでも、目的や状況によって違う呼ばれ方をする場合があります。

ノベルティグッズの目的

ノベルティグッズを使う目的は、大別すると次のとおりです。

  • 商品・サービスの認知度を高める
  • 商品・サービスの販売促進

ノベルティグッズをつけることで商品の購入を促したり、アンケートや個人情報の記入への心理的障壁を低くする目的で使われます。

また、ノベルティグッズが顧客の手に渡った時、それがオフィスや家庭である程度の期間にわたって使われるのであれば、顧客はそのグッズを使うたびに会社やサービスのロゴやキャラクターを目にします。これもノベルティグッズの基本的な目的のひとつです。

ノベルティグッズに使われる製品

ノベルティグッズ として利用される製品は、多岐に渡ります。
既製品に名入れするタイプのノベルティを販売しているサイトやカタログを見てみると、実に多くの商品があり、日常生活の身の回りのものならほとんど網羅されていると言っても過言ではありません。

ボールペンやメモなどの文房具、キーホルダーライターなどの日用小物、食器やキッチン用品、食品や防災グッズまであります。

コンビニやスーパーで取り扱っている食品や飲料についているノベルティグッズでは、携帯ストラップ、キーホルダー、マスコット、ボトルキャップ、ペットボトルカバー、付箋メモなど、軽量で小さく、安価なものが選ばれます。

企業が顧客に配布するノベルティグッズでは、メモやノートボールペンカレンダーなど、オフィスや家庭で日常的に使われるものが選ばれます。

ノベルティグッズの効果

ノベルティグッズの販促効果を高めるためには、ターゲット層や目的に合ったノベルティを選ぶことが大切です。顧客の年齢層、性別、サービスの利用シーン(家庭orオフィスなど)、販促活動を行う季節などを考慮する必要があります。

ノベルティグッズを使うことで果たしてどのくらいの効果があり、どのくらい売上が伸びるのかについては、それぞれの場合によりますが、一般的には具体的な測定を行うのは比較的難しいとされています。

もし、ノベルティグッズを渡すことによって商品の売上やサービスの認知度がどのくらい上がったのかを測定しようとすると、比較対象となる同じ長さの期間、同じ条件でノベルティグッズを渡さない販促活動を行う必要があります。多くの場合、わざわざ人的リソースを多く割いてその条件を整えて計測するよりは、単純にノベルティグッズを用意するほうが手っ取り早いと考えられます。

このように、ノベルティグッズ単体での効果を測定するのはそれなりに難しいもので、ノベルティグッズの制作現場においても、グッズの選定をする場合経験則で、つまり「こういうターゲット層にはこういうノベルティが合うんじゃないかな」といった感覚でもって選んでいることも多いのです。